イントロダクション

サーベイ終了後、フロアリストに移動します。  各フロアに追加されたサーベイ、キャプチャポイント数・タグ数を確認することができ、その場でインポート・アップロードするか、保存して後からインポート・アップロードすることもできます。また、アップロードを完了後は、データバックアップに7日間保存されます。

 

本機能対象ユーザー

 

スーパー アドミン

サイト マネージャー

チーム アドミン

サーベイヤー

コラボレーター

ューアー

Beamo アプリ使用

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:minus:

:minus:

 

画像をRICHO THETAからインポートする

import.png

1. 各フロアをタップして、サーベイ名・ タグ数 tag.png・キャプチャ数capture.pngを表示し必要に応じて編集や削除を行います。

2.  「インポート」ボタンをタップしてRICHO THETAからサーベイデータをインポートします。(タグのみの場合はアップロードのみ。)「保存して閉じる」ボタンを選択して、後でインポートすることもできます。

3. インポート完了のメッセージが表示されたら「OK」をタップします。  

 

サーベイデータをiPhoneからアップロードする

reconnect_wifi.png

4. iPhoneのWi-Fi設定画面にてiPhone をインターネットにつなぎなおします。

 

upload.png

5.「アップロード」をタップして、フロアのポイントとタグをアップロードします。アップロード完了までの推定時間は、画面左上に表示されます。

6. 「保存して閉じる」を選択すると、後でフロアをアップロードできます。

 

Note: ポイントなしでタグのみをアップロードする場合、タグ一覧が作成されたフロアプランのみが可能であり、3Dワークスペースはありません。 

注意:フロアのアップロードを開始すると、完了まで一時停止することはできません。アップロードの途中でキャンセルする場合、フロアのポイントやタグなどのデータすべてを再度アップロードしなけらばなりません。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。