カメラの高さと天井の高さを設定する

イントロダクション

3D エディターにて、カメラの高さ及び天井の高さを入力すると、より精度の高い測定ができます。また、天井高を入力すると、測定機能(3Dワークスペース)にて天井から測定を行うことができます。

 

本機能対象ユーザー

 

スーパー アドミン

サイト マネージャー

チーム アドミン

サーベイヤー

コラボレーター

ビューアー

3D エディター

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:minus:

:minus:

 

カメラの高さ&天井の高さを設定する

______.png

 

  1. ヘッダーの「設定」をクリックします。

  2. カメラの高さを入力し、「適用」をクリックします。 

  3. サーベイを撮影した場所の天井高を入力します。

  4. 天井高がわからない場合、「天井高を360度写真で測定して入力」をクリック。360度写真内の天井と床の壁際を一回ずつクリックしてください。そして天井に表示される白い輪をクリックすると、天井高の測定が完了します。 

  5. すべて入力したら、「適用」をクリックします。最後にはサーベイも保存してください。

Note: サーベイを Beamo アプリからアップロードした場合、アプリではプリセット設定段階があるため、カメラの高さはすでに保存されています。

 

注意: カメラと天井の高さを設定した後には、必ずサーベイも保存・アップデートしてください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。