イントロダクション

サーベイ(360度画像)にて見えない部分や、情報を追加したい部分にタグを付けることができます。現場にてサーベイをアップロードする前に撮影したサーベイにタグ付を行うことができます。また、サーベイなしのタグのみ作成してアップロードすることも可能です。

 

本機能対象ユーザー

 

スーパー アドミン

サイト マネージャー

チーム アドミン

サーベイヤー

コラボレーター

ビューアー

Beamo アプリ使用

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:minus:

:minus:

 

キャプチャー直後のサーベイにタグ付を行いたい場合

キャプチャを「完了」するとフロアリスト画面(インポート)へ切り替わります。

tagging_to_the_survey.png

キャプチャ完了のサーベイの名前の右横の「タグアイコンtag.pngをタップして、タグの位置を決めるへ進みます。

 

タグ付のみ作成したい場合(サーベイ実施なし)

 

 ホーム画面       フロアリスト       タスクセレクター

________.pngUntitled.pngtask_capture.png
        
     

1. ホーム画面から「サイト」を選びます。  (詳細はBeamoアプリホーム画面をご参照下さい。)

2. フロアリストから「フロア」を選びます。

3. タスクセレクターから「タグ」を選びます。以下のガイドに沿ってタグ付します。

 

タグ付の位置を決める

tag_.png

  1. フロアプラン上にてタグ付したい位置をタップします。
  2. 「チェック」アイコンをタップして位置を確定します。
  3. 「✖️ 」アイコンをタップして指定位置のキャンセル/ 削除します。

タグの位置を決めてをタップすると、詳細を入力する画面が表示されます。

tag_name.png

1. タグのアイコン種類と色を選択します。

2. タグのタイトルを入力します。タイトルは必須入力項目です。

3. 以下の3つの方法からメディアをアップロードします。

  • 現場で動画を撮影する

  • 現場で写真を撮る

  • ギャラリーから写真や動画をインポート

4. 必要に応じて「フォルダ」を選択します。

5. 説明文を記入し「保存」をタップします。

6. 必要なファイルを添付します。メディアとは異なり、ここではドキュメントなどのファイルを添付することができます。

7. 「保存」ボタンをタップしてタグを保存します。

 

Note: タグに追加されるファイルの最大サイズは50MBです。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。