イントロダクション

撮影時に接続している360°カメラ設定を変更することができます。この設定機能は、制約のある空間、光量が制限された暗い空間、揺れのある不安定な空間などで、AV/SS/ISO/EV/HDRの制御が必要な撮影を行う場合に有効な機能です。

 

本機能対象ユーザー

 

スーパー アドミン

サイト マネージャー

チーム アドミン

サーベイヤー

コラボレーター

ビューアー

Beamo アプリ使用

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:check_mark:

:minus:

:minus:

 

本機能の代表的な使用例

 接続した360°カメラの各設定を変更することができる機能です。  SS(シャッタースピード)を変更することで、周囲を明るくしたり暗くしたりすることができます。また、ISOを変更することで、より明るく、より暗く撮影することができます。しかし、SSを高くすると安定性が必要ですし、ISOを高くするとセンサーが敏感になり、写真にノイズが発生します。

1-1) 暗い環境での撮影
a) 暗さが深刻でない:手動モードHDRをONにして撮影します。

b) 暗さが深刻:手動モードSS(シャッタースピード)を上げ、それでも明るさが足りない場合は、ISOを上げて撮影することをお勧めします。

1-2) 明るい環境での撮影
a)明るさが深刻でない:手動モードHDRをONにして撮影します。

b) 明るさが深刻:手動モードISOを最低限に下げ、それでも明るさが高い場合は、SS(シャッタースピード)を下げてください。

2) 不安定な環境での撮影 (360°カメラに振動・ブレが生じるような環境)

まずSS(シャッタースピード)下げ、それでも明るさが足りない場合は、ISOを上げることをお勧めします。 

 

360°カメラの設定を変更する

1. キャプチャ画面の右下にある「設定」をタップします。

2. 360°カメラ情報下位、「撮影モード」をタップします。  A) 360°カメラ プレビューおよびB)360°カメラキャプチャーモード設定UIが表示されます。

3. モードを「自動」「手動」「シャッター優先」から選択します。

4. それぞれの要素の値を選択します。

 

360°カメラ情報画面

Setting_landscape.png

 

A) 360°カメラ プレビュー

接続された360°カメラからの映像ストリームが、現在の設定に基づいて表示されます。

360camera_preview.png

 

B)360°カメラキャプチャーモード設定

SS/ISO/EV/HDRの各要素を調節する、「AUTO」「MANUAL」「SHUTTER PRIORITY」モードを選択します。

360camera_modes.png

 

a) 自動モード(デフォルト) : 現在の環境条件に合わせて、EV値とHDRオプションを選択し、すべての要素を自動的に設定します。

b) 手動モード:各要素、SS/ISOを任意に設定します。

c) シャッター優先(Shutter Priority):EVとSSを選択すると、自動的にISO要素が設定されます。高速撮影に適しています。

 

C) 各要素説明

360camera_modes_factors.png

a) SS(シャッタースピード):シャッターまでの時間を決定する要素です。
SS値が低い=高速キャプチャ=ブレなし

SS値が高い=低速キャプチャ=ブレあり

ポイント:振動がある場所では、SSを低く設定します。
また、周囲が暗い場合は、SS を高く設定します。

b) ISO:センサーの感度に関する要素です。

ISO値を高くすると写真が明るくなる反面、ノイズが多くなります。

360°カメラ支持が安定している場合(振動・ブレが生じない)は、ISOを高く設定する前に、SS(シャッタースピード)を高く設定し、より明るい写真を撮影することをお勧めします。

 

c) EV(露出値):SS/ISO の組み合わせで360°カメラの露出を決定します。

EV値が高いほど明るい写真が出力されます。

自動モードで撮影する場合は、EVを高めに設定すると明るく撮影できます。


d) HDR(ハイダイナミックレンジ):色や明るさを可視化し、より良い写真に仕上げるための要素です。

HDRをONにすると、キャプチャが最低3回の連続マルチキャプチャに変わります。そのため、周囲の環境に応じてSS(シャッタースピード)が自動的に調整され、安定したキャプチャが可能になります。
自動モードのみ使用可能です。


Note:今後のリリースでは、以下のように360°カメラ設定を充実させる予定です。


実装予定のモード

a) ISO優先:選択されたEVとISOで、自動的にAV/SSファクターを設定します。高画質な写真撮影に適しています。
b) AV優先:EVとAVを選択すると、自動的にSS/ISOファクターが設定されます。屋外での撮影に適しています。


実装予定要素

a) AV, Aperture Value : 絞りの大きさに関する値で、絞りが大きいほど、より多くの光量が得られ、ワイドフォーカスになります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています