イントロダクション

メジャー利用時は床を基準として行います。 より精密に測定したい場合、2D平面および3Dボックスを作成し、メジャーの基準として使用可能です。 

 

本機能対象ユーザー

  スーパー
アドミン¹
サイト
マネージャー²
チーム
アドミン³
サーベイヤー⁴ コラボレーター⁵ ビューアー⁶
測定値作成/編集 :check_mark: :check_mark: :check_mark: :check_mark: :check_mark: :check_mark:
測定値保存/削除 :check_mark: :check_mark: :check_mark: :check_mark: :check_mark: :minus:

 

Note: 1, 2. スーパーアドミンとサイトマネージャーが3Dワークスペース内に追加したデータは、特定のチームが指定されていない限り、すべてのチームに共有/閲覧されます。 

3, 4, 5, 6. 権限はそのチームの範囲内に限定されます。 

 

3Dオブジェクトを作成する方法

_D________.png

  1. ツールバーの「3Dオブジェクト」ボタンをクリックします。

  2. 2のポイントをクリックして1辺を作成し、目的の幅までドラッグしてクリックし2Dボックスを作成します。そのままポインターを縦軸に移動させ目的の高さでクリックすると3Dボックスが作成されます。3D オブジェクトが作成されると、LxWxH の寸法のほか、表面積(S)と体積(V)が表示されます。

  3. ツールバーの「ライン」ボタンをクリックします。

  4. 3Dオブジェクト上で二つのポイントを選択して距離を測定します。

  5. 画面左下の「保存」ボタンをクリックして、3Dオブジェクトを保存します。

  6. 作成後の3Dオブジェクトを編集したい場合、3Dオブジェクト上でマウスをホーバーすると縦軸上に白円が現れます。(以下イメージ①参照)目的の高さまでドラッグしてください。
    3Dオブジェクトの大きさを編集したい場合は、変更したい面の上でマウスをホーバーさせると白丸が現れます。マウスをドラッグして、面の押し出し・引き出したりして大きさを変更してください。

    measurement_8.png

  7. 作成したオブジェクトを一つずつ選択して削除したい場合は、「ハンド」ボタンをクリックして、削除したいオブジェクトを選択して、画面中央下の「ゴミ箱」ボタンをクリックします。全部まとめて削除したい場合は、画面左下の「ほうき」ボタンをクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。